【DELFONICS デルフォニックス 2019年1月始まり(2018年10月始まり) 手帳 月間式(月間ブロック) B6 ロルバーン イアリー L 手帳2019 スケジュール帳2019 可愛い おしゃれ マンスリー エルコミューン ノート シンプル イラスト スケジュール】の口コミ・レビュー

DELFONICS デルフォニックス 2019年1月始まり(2018年10月始まり) 手帳 月間式(月間ブロック) B6 ロルバーン  イアリー L 手帳2019 スケジュール帳2019 可愛い おしゃれ マンスリー エルコミューン ノート シンプル イラスト スケジュール


Warning: array_reverse() [function.array-reverse]: The argument should be an array in /home/users/0/main.jp-keitaide/web/review_en.php on line 85

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/users/0/main.jp-keitaide/web/review_en.php on line 86
DELFONICS デルフォニックス 2019年1月始まり(2018年10月始まり) 手帳 月間式(月間ブロック) B6 ロルバーン イアリー L 手帳2019 スケジュール帳2019 可愛い おしゃれ マンスリー エルコミューン ノート シンプル イラスト スケジュールの口コミ・レビューを全てを読む

 商品名・ロルバーン ダイアリー L詳細・始まり年月 :2019年1月始まり(2018年10月始まり)・種類 :とじ手帳・品番 :16085_190013・サイズ :B6サイズ・メーカー名 :DELFONICS / デルフォニックス・タイプ   :マンスリー・サイズ   :L・素材    :紙・生産国   :日本・サイズ詳細 :横148×縦183×厚み20mm・仕様    :メモ(165ページ)/5mm方眼/切り離しミシン目付き/PPポケット12枚付き・対応月   :2018年10月〜2019年12月・「シンプルで飽きのこないデザイン」と「使いやすさ」で、リングメモやノートでも定番のシリーズ「ロルバーン」ダイアリーです。 ・2018年10月始まりタイプのベーシックカラーは全9色。・表紙の色味はシーズンごとにリニューアルされ、今季は秋らしいニュアンスカラーを中心としたラインナップ。より深みのあるトーンに仕上げたローズとオリーブに注目です。・オリーブとブラックはメタリック箔のロゴをあしらいました。・表紙には透明フィルム加工が施されているため、1年間しっかりと使えます。中面はマンスリーページと、書き込みの多い方にも嬉しい165ページの方眼メモ付き。・インクのにじみと裏写りを抑えたクリーム色の上質紙です。・B6に近いサイズ感が人気のLサイズ。・便利なクリアポケットも12枚付いています。豊富なサイズとカラーバリエーションから、今年の一冊をお選びください。・大人かわいい とじ手帳 手帳 ビジネス手帳カテゴリー ・分類 :とじ手帳>マンスリー>月間式(月間ブロック)・分類 :サイズで探す>とじ手帳>B6サイズ・分類 :ブランド名で探す>デルフォニックス(DELFONICS)>とじ手帳・分類 :デザインで探す>とじ手帳>カラー・シンプル・ベーシック・分類 :用途・機能で探す>とじ手帳>リング手帳「シンプルで飽きのこないデザイン」と「使いやすさ」で、リングメモやノートでも定番のシリーズ「ロルバーン」ダイアリーです。 クリームイエローレッドローズピンクダークブルーライトブルーオリーブブラック

漫画(マンガ)で英語学習

SLAM DUNK(スラムダンク)の洋書(マンガ)で英語学習 "That's guy's got something"

SLAM DUNK(スラムダンク)一巻から「あいつ只者じゃないぞ」
That's guy's got something
「That's guy's got something」何かもってるってことだね。ハンカチみたいに自分で言って持ってなかったのもいるけどね。
「They're really getting into it!」は、「みんなのめり込んでいる」「getting into it」は、夢中になるかな。
「The guy's got heart, I'm telling you!!」は、「なんかやってくれるような気がする」
「I'm telling you」は、前の文章を強調。
「There's just something」は、「どことなく」
You can do it!
「You can do it!」は、「頑張ってー」
「She doesn't hate me!」は、「嫌われていなかった。」
「He's totally stoked!」は、「完全に立ち直ったぞ」
stokedは、Happyやexcited以上の気分の時に使えるスラングらしい。
「Let him do what he wants.」「好きなようにさせろ」

もっと「あいつ只者じゃないぞ」を読む

漫画で英語
【ベルギー】アトミウム

【ベルギー】GODIVA
本店だっけか?ベルギーにはチョコレート屋さんが日本のコンビニと同じくらいありました。

【ベルギー】ジュリアン君
3大ガッカリの一つ。うちの小学校にもあったような。

【ベルギー】ジュリアン君チョコレート
日本ならとりあえず、饅頭にしとけてきなのが、ベルギーだとチョコレートです。

【ベルギー】ブルージュ
北のヴェニスと言われるブルージュの運河。C'est tellement beau.

【ベルギー】美食の国ベルギー
ベルギーの食事は美味い。ビールも美味い!んだろう。下戸ですがなにか?

【フランス】エスカルゴ
初エスカルゴ頂きました。

【フランス】ルーブル美術館
ダ・ヴィンチ・コードや、最近では、パナソニックのLED証明のCMでよく見るよね。

【フランス】エッフェル塔
世界中に模倣品あるよね。


最近覚えた辞書にないフランス語?