【Maori Warriors シルバーチェーン MO-418 (45cm+5cm いぶし加工) マオリ ウォリアーズ】の口コミ・レビュー

Maori Warriors シルバーチェーン MO-418 (45cm+5cm いぶし加工) マオリ ウォリアーズ


Warning: array_reverse() [function.array-reverse]: The argument should be an array in /home/users/0/main.jp-keitaide/web/review_en.php on line 85

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/users/0/main.jp-keitaide/web/review_en.php on line 86
Maori Warriors シルバーチェーン MO-418 (45cm+5cm いぶし加工) マオリ ウォリアーズの口コミ・レビューを全てを読む

Maori Warriors 〜マオリ ウォリアーズ〜 ニュージーランドの伝説的な狩猟民族であるマオリ族。 彼らは独自の生活様式を守るため、そして民族の存続のために、外部からの侵入者と常に戦ってきました。 そのマオリ族の自然・力・美・勇気・愛をかたどったタトゥー(入れ墨)をモチーフに、スピリチュアルなシンボルとして甦らせたシルバーアクセサリー 「Maori Warriors」 Maoriのペンダントには、ひとつひとつのアイテムに意味がこめられた名前が付けられています。〜 Maori Warriors ( マオリ ウォリアーズ ) 〜 ニュージーランドの伝説的な狩猟民族であるマオリ族。 彼らは独自の生活様式を守るため、そして民族の存続のために、外部からの侵入者と常に戦ってきました。 そのマオリ族の自然・力・美・勇気・愛をかたどったタトゥー(入れ墨)をモチーフに、 スピリチュアルなシンボルとして甦らせたシルバーアクセサリー 「Maori Warriors」 Maoriのペンダントには、RIRI (闘志) ・ MOANA (深い愛) など、ひとつひとつのアイテムに意味がこめられています。 Maori Warriors シルバーチェーン MO-418 (45cm + 5cm いぶし加工) ブランド/シリーズ Maori Warriors ( マオリ ウォリアーズ ) 型番 MO-418 サイズ(約) [幅] 1.5mm [アジャスター環の外径] 4mm チェーンサイズ(約) 45cm + 5cm 素材 シルバー925(いぶし加工) 注意事項 こちらの商品は「いぶし加工」を施しております。いぶし加工による風合いはひとつひとつ異なりますので、予めご了承くださいませ。 重量(約) 3g 付属品 ポーチ ※ボックスは付属しません。ボックスは有料となりますので別途お買い求めくださいませ。 → 【マオリ 純正ボックス ご注文はコチラ】 ※マオリのペンダントトップとチェーンをセットでご注文時は、純正ボックスを無料でお付けいたします。 → 【マオリ ペンダントトップはコチラ】 ラッピングについて こちらの商品は無料ラッピングが可能です。ご注文時にご希望のラッピングをご指定くださいませ。 商品画像について 商品撮影は可能な限り実物に近い色・質感を出すよう心掛けておりますが、デジタルカメラでの撮影のため実物と異なって見える場合がございます。予めご了承くださいませ。

漫画(マンガ)で英語学習

SLAM DUNK(スラムダンク)の洋書(マンガ)で英語学習 "I should apologize, but I can't face Hanamichi after what I said!"

SLAM DUNK(スラムダンク)一巻から「謝らなくちゃ。けど、あんなこと言って桜木君に合わせる顔ないよ。」
I should apologize, but I can't face Hanamichi after what I said!
「I should 〜」で、「〜しなきゃ。」
「face」は、顔を合わせるって動詞なのね。
「I jumped to conclusions and said horrible things!」「勘違いして、あんなひどいこと言っちゃった。」
「Forget that guy.」は、「桜木君なんて気にしなくて良いんじゃない?」
「You should just be happy you got to talk to Rukawa.」「流川君と話できてよかったじゃない。」
ここの「should」の使い方がイマイチわからん。
「I can't just sit here feeling sorry for myself.」は、「座っていじけてちゃだめだ。」
「feelin sorry for oneself」 で「いじける」原作では、「悩んでてもしょうがない。」
「That's it!」は、「うん」とか「よし」とかってことかな。
「Why not now?」「今いけば?」
「I can't! I'm emotionally unprepared.」「ダメよ。心の準備ができてないもん。」
Totally lifeless.
「Totally lifeless.」は、「完全に気が抜けてる」
「That "I hate you" really hit him hard.」は、「あの、大っ嫌いが効いたな。」
「It's over. This time for real.」は、「今回は完全にダメだな。終わったな。」

もっと「謝らなくちゃ。けど、あんなこと言って桜木君に合わせる顔ないよ。」を読む

漫画で英語
【ベルギー】アトミウム

【ベルギー】GODIVA
本店だっけか?ベルギーにはチョコレート屋さんが日本のコンビニと同じくらいありました。

【ベルギー】ジュリアン君
3大ガッカリの一つ。うちの小学校にもあったような。

【ベルギー】ジュリアン君チョコレート
日本ならとりあえず、饅頭にしとけてきなのが、ベルギーだとチョコレートです。

【ベルギー】ブルージュ
北のヴェニスと言われるブルージュの運河。C'est tellement beau.

【ベルギー】美食の国ベルギー
ベルギーの食事は美味い。ビールも美味い!んだろう。下戸ですがなにか?

【フランス】エスカルゴ
初エスカルゴ頂きました。

【フランス】ルーブル美術館
ダ・ヴィンチ・コードや、最近では、パナソニックのLED証明のCMでよく見るよね。

【フランス】エッフェル塔
世界中に模倣品あるよね。


最近覚えた辞書にないフランス語?